カーボンコンポジット・テクノロジー

カーボンコンポジットとは、カーボン繊維(CFRP)に他の金属などの強化材を加えて、通常では得られないような機能や特性を持たせた複合素材。製造に非常に多くの手間やコストがかかるので量産には向いておらず、採用は航空宇宙技術やレーシングカーや超高級スポーツカー、高級スポーツ用品などに限られています。 最近のF1では、アルミハニカム材を何層ものカーボンファイバーでサンドイッチしたカーボンコンポジットでものコックボディが作られており、非常に強固で軽量な車体が実現されています。